NAO鍼灸院

鍼灸治療について

鍼灸とはどんな治療ですか?

鍼灸(はり・きゅう)は、皮膚にあるツボ(反応点)を鍼(針)で刺したり、お灸で温めることでからだの不調を治す東洋医学の治療法です。東洋医学では、からだが本来持っている病気を治そうとする力=「自然治癒力」を大切にします。鍼灸治療は、この「自然治癒力」を盛んにして病気やケガを治していく、「自然療法(Nature care)」の一つです。

鍼灸はどうして効くのですか?

鍼灸は体表(皮膚、筋肉)に分布する感覚神経を刺激し、中枢神経系(脳、脳幹、脊髄)を介して作用すると考えられています。
鍼を例に挙げると、鍼は体表の主に細い感覚神経を刺激し、中枢神経内に天然のモルヒネのような物質、いわゆる「内因性オピオイド」を放出させ、痛みを抑制する機構(「内在性鎮痛機構」という)を賦活(ふかつ)し、脊髄レベルで痛みを伝える神経の興奮をブロックします。また、同時に鍼刺激は体表の太い感覚神経をも刺激し、脊髄で痛みを反射性にブロックする機構を作動させます。これは、体の一部をどこかにぶつけた際に、その部位をさすると痛みが和らぐのと同じことです。いずれにしても鍼の鎮痛効果は、中枢からの抑制系と脊髄の抑制系の2重で痛みをブロックしますので、とても効果があります。 また、筋肉の深さまで鍼を刺すと、神経刺激を介して血行を改善させ、痛みの原因となっている発痛物質を洗い流してくれます。 通常、激しい痛みがある場合、交感神経系は過剰に緊張し、末梢の血管を強く収縮させます。同時に、運動神経系も興奮させますので、筋肉は硬くなり、血管を圧迫して、血行を悪化させます。そうなると、発痛物質などの代謝産物が一層溜まり、さらに痛みを増強させることになります。これが、いわゆる「痛みの悪循環」と呼ばれる現象です。
鍼は、この悪循環を断ち切ります。すなわち鍼刺激により内在性の鎮痛系を賦活させると共に、筋緊張を緩め、血行を増加させます。また、鍼は痛みに対する効果だけではなく、自律神経が支配する胃、腸、膀胱などの内臓や血圧などに対しても、中枢神経系や脊髄を介して反射性に機能を調整する作用があります。古来、「足三里(あしさんり)」の灸は胃腸の調子を整える効果があるとされてきましたが、そのことがヒトや動物の実験で明らかにされつつあります。 さらに免疫系や内分泌系(ホルモン)への効果もあります。例えば生体防御を司るNK細胞(「殺し屋細胞」といわれ、侵入した異物や体内に発生した異物を処理し、敵から体を守る細胞)の働きが、鍼や灸で活発になるといわれています。
 
 また、古来より認められている鎮痛効果の解明も次ぎのような諸説があります。
  1.ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する。
  2.エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
  3.末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
  4.経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
  5.血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

鍼灸はどんな病気に効きますか?

鍼とお灸は様々な疾患に対応しています。

WHO(世界保健機関)で鍼とお灸が適応とされている症状をご紹介します。

神経系 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・うつ病   
呼吸器 気管支炎・ぜんそく・風邪および予防
消化器 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・痔疾
運動器 ◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・関節炎・◎リウマチ・◎頸肩腕症候群・◎頸椎捻挫後遺症・外傷の後遺症(骨折、打撲、むち打ち、捻挫)
循環器 高血圧症・低血圧症・動悸・息切れ
婦人系 更年期障害・生理痛・月経不順・不妊・妊娠中ケア(つわり、むくみ、逆子)
小児 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・
小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善
生殖・泌尿器 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎・男性不妊
耳鼻・咽喉 耳鳴り・難聴・メニエール病・花粉症
疲れ目・仮性近視
全身症状 慢性疲労・体重コントロール・
がんに伴う症状(痛み、吐き気、便秘など)・緩和ケア

 上記疾患のうち、「◎神経痛、◎リウマチ、◎頸肩腕症候群、◎頸椎捻挫後遺症・
◎外傷の後遺症、◎五十肩、◎腰痛」は健康保険適用が認められています。

鍼は痛くありませんか?

使用する鍼は髪の毛ほどの細さです。また、鍼の先端は、なるべく痛みを感じなくするような形状で作られてます。しかし、痛みの感覚=「痛覚」は、個人差が大きく、全く痛みを感じないとは言えません。毛穴や痛覚を感じる場所に当たると痛みを感じることもあります。
 また、痛みとは別に、鍼特有の『ひびき(得気)』を感じることがあります。ズーンと思い感じ、電気が走る感じ、末端までつながる感じ、じわりと広がる感じ・・・など患者さまによって様々な感覚です。中国では、鍼のひびきを意図的に発生させることも多く、治療効果につながると考えられているようです。
《参考文献》
http://www.meiji-u.ac.jp/research/files/shinkyuigaku8_1.pdf#search=%27%E9%8D%BC+%E3%81%B2%E3%81%B3%E3%81%8D%27

 
 痛みに敏感な方には鍼を刺さない治療もご用意しております。お気軽にご相談ください。

鍼灸治療を受けた後、お風呂に入っても大丈夫ですか?

大丈夫です。
しかし、鍼や灸治療直後は鍼や灸の刺激により、のぼせやすくなります。治療後1時間ほど空けてから入浴する方が望ましいと言われています。

衛生・安全面は大丈夫ですか?

治療は、国家資格を持つ鍼灸師が行ないます。使用する鍼は全てディスポーザブル鍼(使い捨て)です。治療器具も全て完全滅菌消毒されていますので、安心して治療を受けて頂けます。

CONTACT

NAO鍼灸院
〒861-5287
熊本市西区小島8-9-15
 ウエストヴィレッジⅠ 101
TEL/FAX:096-201-2958(受付 7:00~19:00)
ご予約用URL https://airrsv.net/naoshinkyuu/calendar
PAGE
TOP